人気ブログランキング |

富士登山紀行 ②



e0359481_17102971.jpg


いきなりもうランチ(笑)しっかり腰を据えて、12:30頃だったかな

標高はすでに2000m超えてます

実は最初の休憩はスタートしてから1時間くらいで。

は、早い(;´∀`)

本来は余り休憩は取らずに歩き進める方が良いと後から知ります

休んだ後のスタートがかなりつらくなるので。



e0359481_17102913.jpg


🍙🍙撮影(笑)


e0359481_17172082.jpg


下界を見下ろすY氏。

初めて夫が富士登山に行った一昨年、一緒に登ってくれた人。

まだお子さんが小さいのと、奥様は登山にはあまり興味がないとの事で

今回単独で参加でした。

ザックカバーを持参してなくて、

雨がパラつき急きょごみ袋をザックに被せてます(笑)



e0359481_00422171.jpg


15:20 2590m 新6合目


e0359481_00281886.jpg


16:35 2830m 6合目

この辺りまでくると結構寒いです。防寒対策しっかりとして。



e0359481_00274392.jpg


やっとこさ、3000mまでやってきた!! 17:25頃。

山小屋までは残り300m~

がしかし、近い様で遠いの(笑)

平地での300mなんて、シュッ!と行けちゃうでしょ?

ところがどっこい、登りとなるとそうはいかない

しかも既に結構、いや、かなりの疲労困憊。

もう歩きたくない極限、一歩一歩が重い、とにかくもうすべてが嫌(笑)



e0359481_17102756.jpg


17:55 砂走館 3090m

ここは宿泊する山小屋の姉妹館。

「上の赤岩八号館に電話しておきますので、もう少し頑張ってください!」と、

宿のお兄さんから激励を受けた

それほど気力も体力も失いかけてる様に見えたのね。



e0359481_17102820.jpg


右上に白く横長に見えるのが宿泊する山小屋

そこに見えてはいるけれども…

一応ちょっとずつ近づいてはいます



e0359481_23234999.jpg


各要所できちんと写真を撮ってくれていたH美ちゃんには感謝の言葉しかない。

デジイチ持参でそれ首から下げて、重いのに文句も言わず

私なんて、夫のザックに入れたまま取り出すこともしなかった…

正確には疲れ果てて撮影どころではなかったのが本音だけど(苦笑)


e0359481_23233221.jpg


18:50 ついに、ついに!

山小屋到着です。

登山時間、信じられないでしょうが、約9時間!!!!

休憩時間も入ってますが、難コースと言えどもこれはかかり過ぎかもです

もうへとへとを通り越し、まだ御来光を拝めていないのに

小屋に入って座った瞬間、Y美さんと頭をくつっけて泣いてしまいました(笑)

辛かったのはもちろん、投げ出したくても出来ない、修行のような山行

ずっと終わらない罰ゲームみたいな…(◎_◎;)

***

続く…。





2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


by anartfullife | 2017-08-10 08:02 | 富士山紀行2017 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30