富士登山紀行 ③ 山小屋編


富士登山紀行 ①
富士登山紀行 ②
☝☝
まずはこちらからどうぞ~

e0359481_21334904.jpg


やっとこさ山小屋に到着で、もうほとんどの人が夕飯を済ませた後でした

就寝が21時なので山小屋にはせめて19時までには到着したいもの

私達がそのギリギリ。

山小屋と言えばカレー!って誰かが言ってたけど、ほんとにカレー(笑)

ちょっと粉っぽかったなぁ…

とにかく疲れ果てていて、山小屋内は数枚しか撮ってない( ;∀;)

中の雰囲気やウナギの寝床的な布団の感じも残しておきたかったのに…

姉妹館「砂走館」から画像お借りしました↓m(_ _)m

e0359481_13434845.jpg

ずら~っと布団敷いてあります、ここに雑魚寝。

この上に屋根裏部屋みたいなのがあって、

私達は到着が遅かったためにそこしか空いてませんでした。

ここがね…(笑)ちょっと難あり。
暖かくて良かったのだけど、写真☝にある梯子で上に行くのがそれはそれはしんどくて。

もう寝てる人もいるので、梯子付近に人の足があるわけですよ、

そこ踏まないように気を付けて…
重いザック背負って、脱いだ登山靴・ポールをビニール袋に入れてそれも持ってですよ!

余りのつらい状況に上がりながら笑うしかなかった…(;´∀`)

下から埋まっていくのでとにかく早め到着が断然いいのです

でも私達の寝床は7人だけでまとまれたので他のグループとは一緒にならずラッキーでした。



そして寝床の右側がここ↓

e0359481_13020636.jpg


ここで宿泊者がそれぞれ食事、

でも就寝時はここにも布団がずら~っと敷かれます。

私達が食事中に団体さんが到着、うちらが一番最後と思っていたのでビックリ、

外は真っ暗だしヘッドライト頼りに登ってきたみたい。凄いわ…



e0359481_12554262.jpg


高度が3300m、かっぱえびせんの袋がパンパ~ン!

梅酒はY氏が持ってきてくれました。

「かんぱ~い!」もせずに頂く…

左下は翌朝の朝ごはん。ハムエッグにご飯、お新香、お味噌汁でした



e0359481_12554562.jpg

ここが出入り口

奥に布団見えます?

上の寝床写真のところからずーっと横に繋がってて。

ここ入った右側にもずら~っと布団が敷かれてました。

登山ルートが違えば山小屋も色々とあります、次回がもしあるとしたら、

違う山小屋に宿泊してみたい(笑)

*

ちょっと余談だけども…

実はワタシ、21時就寝から翌未明午前1時過ぎに起きるまでの約4時間、

一睡も出来ませんでした!大袈裟ではなく全く一睡も!!…(;一_一)

ただ暗闇の中で横になってただけ。
凄く神経質ってのもあるんだけど、寝なきゃ寝なきゃと思えば思うほどムリ!
誰かのいびきに寝言まで、耳障りな状況にどんどん目が冴えてしまって。
いびきかいてる人結構いるんです、その中に絶対うちの夫も(笑)
耳栓したけどダメでした
どこででも眠れる人、ほんとに羨ましいわ…
因みに同行のみんなは少しは眠れたと言っていたので、
私がヘンなんです(笑) だって、どれだけ疲れ果ててる?なのに全く眠れないって、
神経質にもほどがあるよねぇ
寝られない、って本当に地獄よ…

そして翌朝、睡眠ゼロで山頂に向かうことになります((+_+))
それはもう少し後で…。


***


さて。
山小屋内の写真はもうないので、
次は持ち物リストのっけてみます。

まだまだ続く…。



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


by anartfullife | 2017-08-12 13:47 | 富士山紀行2017 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31