人気ブログランキング |

富士登山紀行 ⑤

e0359481_12550115.jpg

7/23 御来光4:35AM


**************************


9月になってしまいました…汗汗汗

富士山頂最後のポストを残して、
既に富士登山から1か月とちょっと経って

やっとこさ、最後のポストです。

すぐにポストした時の同じ画像…↑

なので少し強調して大きいサイズにしてみました(笑)

一睡もせずに山頂を目指す事になったのはツライの一言に尽きるけど、(詳しくは山小屋編の最後に)

それはもう仕方ないのでボォ〜っとしながら用意を済ませて山小屋を出ました。
時間は1:30AMだったかな

それぞれ頭に付けたヘッドライトだけが頼りです
上を見上げると小さなライトが連なっていました。

山頂到着はうろ覚えだけど4:10AMくらい。


e0359481_12043447.jpg


山頂の天候はスッキリ晴れて!とはならなかったけど、

日本一高いお山で見た御来光は一生忘れる事はないと思います。



e0359481_13063349.jpg


しかし、

山頂は寒すぎた。

この薄曇りの感じがより寒さを感じさせて。
山小屋から山頂を目指してる時はそれほどでもなかったけど、
頂上はそれはそれは風が強くて真冬並み。



e0359481_13064115.jpg



徐々に雲海が晴れて
下界が見えてきた。


e0359481_12561984.jpg


雲海を背にパチリ📷

山頂の氷点下を想定(実際は一桁の下の方)していたので、
私、めっちゃ着込んでます。ブクブク。

ファイントラックアンダーウェア、
UQ長袖ヒートテック、
UQヒートテックタートルネック、
ファイントラックベースレイヤー(半袖)、
UQウルトラライトダウン、
ゴアテックスレインウェア上下、
(下は着圧タイツ)
手袋

こんなに着込んでたのに、
我慢出来ない訳ではないけど、これでも完璧ではなくてちょっと寒かったの。
手先足先はしっかりかじかんでいてジンジンしてたし。



e0359481_12540050.jpg


お天気がもう少し好天だったら観測所までいけたかなぁ

ただ、ここまで行くにはもう少し最後の登りをえっちらおっちらあがらなければならない…

それを出来たかどうかは(笑)



e0359481_12550435.jpg


ぐぅーっとひいてみると…噴火口

まさに富士山頂に到達しなければ見る事が出来ないのよね
それ考えると、私ほんとに富士山に登って今これ見てるんだぁと感慨深かったな。

そしてお鉢巡りもと思ってたけど
実際御来光を拝んだらもう別に下山でもいいと思った私…

風が強いのもあり体力が急速に奪われていった感じでした。



e0359481_12543379.jpg


頂上浅間大社奥宮で一枚。

後ろの鳥居、この7月に76年ぶりの建て替えがあった
設置ほやほやな鳥居です。

その同月にお目にかかれたなんてこれも嬉しい事。

夫は一昨年、昨年と古い鳥居も拝めていて、
なんかそれもいいなぁ。


e0359481_12542217.jpg

そして奥宮。

この中でお土産のお守り、御朱印、おみくじなどが買えます。



e0359481_19571847.jpg


じゃん。

富士山頂奥宮で購入できる御朱印帳です。
(この写真は先月高尾山に行った時に撮った写真の使いまわし…)

特に御朱印集めが趣味ではないのだけども
やっぱり初富士山ともなるとミーハー心が(笑)

調べたら奥宮で買えると知って、ただ時期によっては売り切れもあるので
なければ仕方ない、と。

私達は夏休み突入してすぐだったからか?
運よくゲット出来ました!


e0359481_12042229.jpg


御朱印は二種、御守りも二つほど買いました。

バッジはそれぞれのルートで色が違って、御殿場ルートは緑、
入山料払って貰えました。

この色違いのバッジを集めるのもいいかもねぇ



e0359481_12544102.jpg


頂上では寒すぎたのもあったのだけど、
山頂での長居はせずに早々に山小屋への下山を始めました。

残念ながらメンバーの一人に高山病の気が出てしまい全員での山頂は出来ませんでした。
なのでメンバーでの集合写真はなし…

ここからは山小屋までの下山模様↓↓↓


e0359481_12561298.jpg


ゴロゴロの岩場、

山頂を目指している時、ここを真っ暗な中登ってきました。
これがつらかった~もう何度も何度も何度も弱音はいた。
悪態もついた。

富士山ごめんなさい。



e0359481_12560627.jpg


登りよりも下るのが楽ともいうけどね。

ん~

それでもつらいものはつらい(笑)


e0359481_12560287.jpg


でもね、

雲海を見ながらの下山、贅沢な気持ちになるよ。

晴れていたら、もっともっと良かったのだけど
それはもう言わない(笑)



e0359481_12053971.jpg


山小屋が近くなってくると大きな岩場はなくなり、

この辺りは楽勝~



e0359481_12044593.jpg


山小屋へ無事戻ってきて朝ごはん。

山小屋編で朝ごはん写真ありまっす。

そのあと実は仮眠を一時間くらいだったか全員で取って、
(なにせ、私なんて一睡もしてませんから(´༎ຶོρ༎ຶོ`))
帰り支度をし、山小屋の看板持って↑全員集合~

お世話になった山小屋へお礼を言って下山を始めました。



e0359481_12555354.jpg


下山での特記と言えば、大砂走!

石ころがコロコロとしてるところをザクッザクッと駆け降りる事。

これがまた勢いよくいくと膝がすぐに笑ってしまって息も上がる、

でも傾斜もあるし進んでいくうちにどんどん加速しちゃう(笑)

写真↑はまだゆっくり歩けてる方、

このあと段々と加速したりで休みやすみ進むことに。



e0359481_12054741.jpg


雲海を目の前に下っていく男性陣メンツを夫が撮った一枚

e0359481_12523253.jpg


お辞儀をしてるわけではなくて

時々この姿勢を取って足を伸ばしてます

一時的に楽になる(笑)

実はもうこの辺りは平坦な場所になっててゴールも間近。
登りの時とは違いとにかくサクサクと進むのが大砂走です

写真が少ない、ほぼ無いと言っても過言じゃない
余りにも進みが早いので撮ってるヒマもない。

という事で、もう最終地点の大石茶屋まで戻ってきました。

e0359481_12055353.jpg

女子メンツ、よく頑張りました〜〜
お疲れ様でした‼️

山小屋からの下山開始が10:45AM、
茶屋に到着が13:07PMでした

約2時間半、なんて早いんだ!!
登りは約9時間かかってるんだよ(o_o)


e0359481_12551198.jpg

下山しながら途中で大石茶屋に着いたらカキ氷食べよう❣️って話してて。

お約束のカキ氷、男性陣も全員オーダー、

無事下山のお疲れ様カキ氷です。

喉が渇いていたのもあってこんな普通のカキ氷(失礼…)が絶品に思えたよ笑


e0359481_12045292.jpg

行きと同じな御殿場口で無事下山した記念にパチリ

正直書くけど、
御来光を拝めた事はとても良かったし一生の思い出、と上でも書きました。

だけどこの登山ルートを選んだのはやっぱり間違えだったかな 笑
初心者はとにかくそれ専用と言うか、お勧めのルートを選ぶべきかと。

つらすぎて何度も弱音言って、悪態もついて機嫌も悪くなり…
メンタルが幼すぎる私故の行動でした(いい歳してお恥ずかしい…)
周りが迷惑よね とにかく。

いつまでも終わらない修行のような山行であったには変わりない笑

いい経験にはなりました。体力共に精神を鍛え直さねば、と。

多分ルートを変えてまた行くとは思う。
どの口が言ってる?(//∇//)

その時はまたポストします。
大目にみて下さい笑

これにて初富士登山紀行は終了です

最後までお付き合い下さりありがとうございましたm(_ _)m



by anartfullife | 2017-09-03 18:31 | 富士山紀行2017 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30